青汁比較ランキング

青汁で健康になれる!?その根拠とは??

「青汁健康法」という言葉もあり、青汁=健康というイメージが強いです。
1日コップ1杯の青汁を飲むと健康に過ごせる!その秘密を解明していきます!

 

青自利が身体に良い!と言われる所以は、効果が期待できる原材料を使用していること、原料を生のまま丸ごと使っているのも青汁の最大の特徴。

 

緑黄色野菜をそのまま食べて健康になれるなら、サラダでもいいのでは?と思う人もいるでしょう。
サラダでも良いとは思いますが、青汁の主原料となるケールや明日葉、大麦若葉などは、栄養価は高いですが、そのまま食べることが困難だったり、苦くて食べられない物が多いのです。

 

また、青汁 1回分と同じだけの栄養素を摂ろうと思うと、かなりの量を食べなくてはいけなくなりますよね・・・
ちなみに、成人の1日の野菜摂取量の目安が
食べずらいだけでなく、量も摂取しようと思うと、生で食べるのはとても大変だということが分かります。

 

必要な栄養素を効率よく摂取するために、青汁として粉末状や錠剤、液体に加工しているのです。

 

原料の組み合わせが大事?青汁の相乗効果

青汁で健康になれる!と言われるのは、青汁の主原料として使われる野菜や植物が高い栄養を持っているだけでなく、それらを組み合わせることで相乗効果も増し、健康食品の代表といえるのです。

 

例えば、大麦若葉と明日葉。

 

大麦若葉は食物繊維を始め、ビタミン、ミネラルだけでなく、糖質やたんぱく質、脂質の3大栄養素も含んでいて、栄養バランスに優れています。
栄養補給と便秘改善、そして、SOD酵素によって活性酸素が抑制されるので、美容や病気予防にも役立ちます・

 

ミネラルとカリウムが豊富な明日葉は、血流改善やむくみ解消に効果が高いと言われています。

 

この2種類を組み合わせた青汁は、大麦若葉と明日葉のいい特徴を両方持ち合わせた青汁になるのです!!

 

腸内環境が健康を救う?

青汁に、どの原料にも必ずといっていいほど得られる効果が便秘解消です。
食物繊維が豊富なので、便通の改善や腸内環境を良くしてくれます。

 

腸内環境は健康に直結するほど大事な部分。
青汁が健康に良い。と言われる所以はここにあるのかもしれません。

 

なにより「青汁で健康になる」為に必要なことは毎日続けることです。
青汁は健康食品。薬のように即効性もないので継続することで効果を少しずつ発揮していきます。

 

あくまでも健康をサポートするためのものです。効果を過信せずコツコツをつでけていくとをおすすめします。

 

野菜不足、糖分、油分の取りすぎなど、青汁を飲むことで食生活を気をつけるようになるのも、健康になれるということも関係しているのだと思います。