青汁比較ランキング

青汁の意外な効果 その1 不眠症を解消!?

日本人の約21%、5人に1人が悩む不眠症。

 

睡眠中は、ノンレム睡眠とレム睡眠を交互に規則正しく繰り返すことで質の良い睡眠が得られますが、このリズムが何らかの原因で狂ってしまうのが不眠症です。

 

眠れない日がある。睡眠時間が短い。というだけでは不眠症とは言えません。
不眠症の診断基準は、「睡眠について悩んでいる」「寝られる環境にあるのに寝られない」ため、日中に倦怠感や集中力の低下、体調不良など日常生活に差し支えがあると「不眠症」と診断されます。

 

不眠症の種類

不眠症には大きく分けて4つの種類があります。

 

入眠障害
ベッド(布団)に入っても30分から1時間以上寝付けない

 

中途覚醒
眠ってから起きるまでの間に何度も目が覚める

 

早朝覚醒
起きる予定の時間よりも2時間以上早く目が覚めてしまう

 

熟睡障害
眠りが浅く、眠った気がしない。疲れも取れない。

 

以上のような症状があり、なおかつ日中に眠気が起こり、日常生活に支障がでることを不眠症と定義されています。

 

不眠症と睡眠障害は違う?

不眠症と睡眠障害は、一見 同じ症状と思われがちですが、最近の研究によって睡眠障害はもっと範囲の広いものを指しています。

 

睡眠障害は、不眠症を含め、睡眠時無呼吸症候群を始めとする「睡眠関連呼吸障害」、昼間に強い眠気を生じ、一度眠るとなかなか起きられない「過眠症」、睡眠と覚醒のリズムが乱れる「概日リズム睡眠障害」、夢遊病など睡眠中に起こる異常行動「睡眠時随伴症」、睡眠時の痙攣や歯ぎしり、むずむず脚などの「睡眠関連運動障害」などを指します。

 

不眠症の原因

不眠症の原因は主に5つあるとされています。

 

1.生理的な要因(音や振動、光、温度や湿度、枕や布団が合わないなどの睡眠環境や、夜勤など不規則な生活、加齢など)
2.心理的な要因(不安や心配事、ストレスがあったり、楽しみな事あって気持ちが高ぶったりする時)
3.薬理学的な要因(薬やカフェイン、タバコなど覚醒作用のあるもの)
4.身体的な要因(痛みや痒み、咳、頻尿など)
5.精神医学的な要因(うつ病や統合失調症などの精神的な病気) です。

 

具体的な不眠の原因は、ストレスや、過重労働、食生活、ライフサイクルの乱れ、スマホやPC・TVなどのブルーライトの影響などによって引き起こされるとされています。

 

睡眠の質を左右させるのがメラトニンというホルモンです。

 

メラトニンは睡眠のホルモンとも呼ばれ、太陽の光を浴びることで体内時計の機能や生体リズムを調整しています。
夜、メラトニンの分泌を活発にさせるには、朝 目から太陽の明るい光を入れることが大切です。

 

日中 強い光を浴びることでメラトニンの分泌は減少し、夜 暗くなると分泌量が増えてきます。
メラトニンが脈拍や体温、血圧を調整し、睡眠しやすい状態にしていくのです。

 

最近よく言われるのが「寝る前のスマホは不眠の原因になる」ということ。

 

これは、スマホやPC、TVから発せられるブルーライト(波長約460nmから480nm)によって、メラトニンが抑制され、入眠障害を起こすからと言われます。

青汁が不眠症を解消する理由

不眠症と青汁。なぜ効果があると言われるのか・・・

 

その理由は、青汁の原料でもあるケールにありました。
ケールには、メラトニンが豊富に含まれています。

 

ケールは地中海原産のアブラナ科の植物で、キャベツやブロッコリーの原種。
「野菜の王様」と呼ばれるほど、栄養価が高く、青汁の原材料としても有名です。

 

ケール100g(可食部)あたりに、4.30μgのメラトニンが含まれているそうです!
この数字がどれほど飛び抜けてすごいのか比較対象が必要ですよね。

 

メラトニンを含む食品(可食部 100gあたり)
トウモロコシ(スイートコーン) 0.14μg
オール麦 0.18μg
稲 0.1μg
明日葉 0.06μg
春菊 0.04μg
バナナ 0.05μg

 

ケールの青汁には、メラトニンがたくさん含有されているので、不眠で悩んでいる人は、睡眠環境や生活改善とともに青汁も試してみることをオススメします!