青汁比較ランキング

青汁の意外な効果 その2 骨粗鬆症を予防

青汁の効果というと、便秘解消や野菜不足改善などを想像しますよね?

 

実は、骨粗鬆症にも効果があるというのです!

 

骨粗鬆症とは?
骨粗鬆症とは、骨密度が低下、骨質の劣化によって、骨の組織がもろくなって結節しやすい状態に」なることです。
日本では、高齢女性に多く発症しており、60代で3人に1人、70代で2人に1人と、かなりの高確率で発症しているようです。
男性と比較すると2倍以上の確率で発症しやすいのです。

 

女性の骨密度は18歳頃をピークに達し、40代半ば頃まで維持しますが、閉経を迎える50歳前後から低下していきます。

 

骨密度は、女性ホルモン エストロゲンの分泌と深く関わっていて、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きを持っているのです。
閉経を迎えて、女性ホルモンの分泌が一気に下ることで骨密度が急激に減り、骨粗鬆症になりやすくなるのです。

 

骨粗鬆症を予防するために有効なのがカルシウムです。

 

カルシウムは骨の主成分。
カルシウムを蓄えたり、身体の必要なところへ供給したり、新しい骨を作るために使われたりします。

 

1日のカルシウムの摂取推奨量は成人男性 650rから800r。成人女性が600rから650rとが目安となっています。

 

カルシウムが多く含まれる食品は牛乳や小魚、大豆製品、小松菜などの緑黄色野菜のカルシウム含有量は、牛乳 200mlに約220r。、ししゃも3尾 198r、木綿豆腐 半丁 1297r、小松菜1/4束 162mg。
毎日、牛乳を3杯飲むことでやっとクリアできる量です。普段の食生活だけではなかなか摂取することができない量だということが分かります。

 

骨粗鬆症予防のためにも簡単にカルシウムを摂取できるのが青汁です!

 

青汁の原料、ケールには100g中220rのカルシウムが含まれています。
大麦若葉には100g中29r、明日葉には100g中65r、桑の葉(乾燥葉)には100g中 2699rも含まれていて、カルシウムを取るにはうってつけなんです!

 

青汁だけで飲んでもOKですが、牛乳や豆乳で飲むことで+αでカルシウムを摂取できます。

 

また、骨を強くするためにはカルシウムだけでなく、効率よく体内へ吸収させるためにマグネシウムやビタミンD、ビタミンKを一緒に取ることも必要です!

 

マグネシウムは骨の代謝をスムーズにする働きがあり、カルシウムとマグネシウムは2:1で取るのが理想的とされてます。

 

ビタミンDは、小腸や腎臓でカルシウムやリンの吸収の促進、血液中のカルシウム濃度を保つなど、丈夫な骨を作る働きを持っています。
魚介類やきのこ類に多く含まれますが、日光を浴びることで体内(人体内)で形成することもできます。
夏場は日陰で30分、冬は日向で1時間程度浴びることが推奨されます。

 

ビタミンKは、骨を形成する為に必要な栄養素。
骨基質たんぱく質 オステオカルシンを合成するためにビタミンKが必要不可欠。
ケールには、ビタミンKが豊富に含まれます。また、骨のを丈夫にするために必要なビタミンCもしっかり摂取できます。

 

骨粗鬆症予防に青汁が有効なのが一目瞭然です!
主原料がケールの青汁なら、カルシウム、マグネシウム、ビタミンK、ビタミンCと骨粗鬆症予防に必要なほとんどの栄養素を摂ることができてしまうのです!

 

青汁の効果というと、便秘解消や野菜不足改善などを想像しますよね?

 

実は、骨粗鬆症にも効果があるというのです!

 

骨粗鬆症とは?
骨粗鬆症とは、骨密度が低下、骨質の劣化によって、骨の組織がもろくなって結節しやすい状態に」なることです。
日本では、高齢女性に多く発症しており、60代で3人に1人、70代で2人に1人と、かなりの高確率で発症しているようです。
男性と比較すると2倍以上の確率で発症しやすいのです。

 

女性の骨密度は18歳頃をピークに達し、40代半ば頃まで維持しますが、閉経を迎える50歳前後から低下していきます。

 

骨密度は、女性ホルモン エストロゲンの分泌と深く関わっていて、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きを持っているのです。
閉経を迎えて、女性ホルモンの分泌が一気に下ることで骨密度が急激に減り、骨粗鬆症になりやすくなるのです。

 

骨粗鬆症を予防するために有効なのがカルシウムです。

 

カルシウムは骨の主成分。
カルシウムを蓄えたり、身体の必要なところへ供給したり、新しい骨を作るために使われたりします。

 

1日のカルシウムの摂取推奨量は成人男性 650rから800r。成人女性が600rから650rとが目安となっています。

 

カルシウムが多く含まれる食品は牛乳や小魚、大豆製品、小松菜などの緑黄色野菜のカルシウム含有量は、牛乳 200mlに約220r。、ししゃも3尾 198r、木綿豆腐 半丁 1297r、小松菜1/4束 162mg。
毎日、牛乳を3杯飲むことでやっとクリアできる量です。普段の食生活だけではなかなか摂取することができない量だということが分かります。

 

骨粗鬆症予防のためにも簡単にカルシウムを摂取できるのが青汁です!

 

青汁の原料、ケールには100g中220rのカルシウムが含まれています。
大麦若葉には100g中29r、明日葉には100g中65r、桑の葉(乾燥葉)には100g中 2699rも含まれていて、カルシウムを取るにはうってつけなんです!

 

青汁だけで飲んでもOKですが、牛乳や豆乳で飲むことで+αでカルシウムを摂取できます。

 

また、骨を強くするためにはカルシウムだけでなく、効率よく体内へ吸収させるためにマグネシウムやビタミンD、ビタミンKを一緒に取ることも必要です!

 

マグネシウムは骨の代謝をスムーズにする働きがあり、カルシウムとマグネシウムは2:1で取るのが理想的とされてます。

 

ビタミンDは、小腸や腎臓でカルシウムやリンの吸収の促進、血液中のカルシウム濃度を保つなど、丈夫な骨を作る働きを持っています。
魚介類やきのこ類に多く含まれますが、日光を浴びることで体内(人体内)で形成することもできます。
夏場は日陰で30分、冬は日向で1時間程度浴びることが推奨されます。

 

ビタミンKは、骨を形成する為に必要な栄養素。
骨基質たんぱく質 オステオカルシンを合成するためにビタミンKが必要不可欠。
ケールには、ビタミンKが豊富に含まれます。また、骨のを丈夫にするために必要なビタミンCもしっかり摂取できます。

 

骨粗鬆症予防に青汁が有効なのが一目瞭然です!
主原料がケールの青汁なら、カルシウム、マグネシウム、ビタミンK、ビタミンCと骨粗鬆症予防に必要なほとんどの栄養素を摂ることができてしまうのです!