青汁比較ランキング

青汁の意外な効果 その3 青汁で育毛??

青汁は育毛にも効果があるって知っていますか??
あまり知られてはいませんが、育毛に必要な成分を豊富に含んでいるのです!!

 

なぜ、青汁が育毛に効果があると言われているのでしょう??
その理由は薄毛や抜け毛の原因とも関係があるようです。

薄毛と抜け毛の原因

薄毛や抜け毛の原因は、遺伝的要素や男性ホルモンの影響、加齢、ストレス、血液循環、頭皮の脂漏など様々な説がありますが、中でも大きく影響を与えると考えられているのが以下の4つです。

 

・遺伝的要素
両親や祖父母が薄毛だと、体質を遺伝している可能性もあります。
父親が薄毛でも遺伝しない場合もありますが、逆に祖父が薄毛で父親は薄毛でなくても隔世遺伝で受け継ぐ場合もあるようです。

 

・男性ホルモンの影響
男性ホルモン テストステロンと頭皮に存在する酵素5αリダクターゼが結びつくことでジヒドロテストステロンになります。
ジヒドロテストステロンによってヘアサイクルが乱れ 抜け毛が発生、男性型脱毛(AGA) の原因とされています。

 

・生活習慣(活性酸素の発生・乱れた食生活・ストレス・睡眠不足など)
生活習慣の乱れも薄毛の進行に影響を与えます。

 

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げます。成長ホルモンも髪の成長に関係があり、睡眠不足となると弱々しい髪になってしまいます。

 

また、脂質を摂りすぎるなどの偏った食生活も頭皮に影響を与えます。
ビタミン類や亜鉛が不足することで薄毛が進行しやすくなります。

 

ストレスや乱れた生活習慣によって体内で活性酸素が多量に発生し、毛母細胞の働きを弱めます。

 

・頭皮環境の悪化(頭皮の血行不良・脂漏・頭皮の緊張・紫外線、カラーリングなど)
過度なカラーリングやパーマ頭皮に影響を与えます。

 

頭皮の血行不良はも薄毛の原因となります。
髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給して成長していきます。

 

頭皮の血行が悪くなると、育毛に必要な栄養や酸素がしっかりと毛根へ届かず、抜け毛や薄毛の原因となってしまうのです。
また、頭皮の血行がよくなると、薄毛や抜け毛だけでなく白髪にも効果があるようです!

 

頭皮の皮脂汚れなど老廃物が毛穴に詰まってしまうことも、薄毛の原因です。
毛穴がつまってしまうと、毛根が圧迫されたり、毛穴が呼吸できず酸素不足となって毛が育たなくなってしまいます。

 

育毛に必要な成分って??

髪の毛は約99%ケラチンというたんぱく質で構成されています。
ケラチンは約18種類のアミノ酸が結合して作らています。

 

髪の毛を育てるのに必要な栄養素は3つ
たんぱく質・ビタミン・亜鉛です。

 

たんぱく質(ケラチン)は、髪の毛の原料となる栄養素。
たんぱく質が不足すると髪の毛の成長スピードが悪くなります。

 

ビタミンは、髪の毛を育てやすい頭皮環境を作る働きを持っています。
ビタミンB2やB6は代謝を活性化させ、毛母細胞の細胞分裂を活発にする作用があります。

 

ビタミンEは血管を拡張する作用があり、発毛を促進します。

 

亜鉛はケラチンを合成をサポートする栄養素。ミネラルの中でも亜鉛は特に不足しがちです。
体内で生成することができないので、食品など外部から摂取する必要があります。

 

亜鉛にはジヒドロテストステロンを合成させる酵素5αリダクターゼを抑える作用があると言われ、AGAの予防・抑制効果が期待できます。

青汁が育毛に効果がある!と言われる理由

青汁の中でも、ケールの青汁は髪の成長を助ける効果があると言われています。

 

ケラチンを合成する亜鉛は、ビタミンCと一緒に摂ると吸収しやすくなります。

 

ケールにはビタミン類が豊富に含まれます。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには活性酸素を抑制する作用やコラーゲンの生成、頭皮の末梢血管の血流を改善し頭皮へと栄養を与える効果があるそうです。

 

青汁が育毛に効果がある。と言われるのは、
青汁に豊富に含まれるビタミンが、育毛のサポートをする働きを持っているからなんです!

 

育毛のためには、生活習慣、頭皮環境の改善やケラチンのもととなるたんぱく質と亜鉛の摂取も必須です。そこに+αで青汁があると薄毛・抜け毛対策に大きな効果をもたらすのですね!!